自動車・バイクの名義変更について

  • 自動車やバイクの相続方法がわからない
  • 自動車も名義変更をする必要がある?
  • 自動車保険の名義変更はどうやるの?
  • 残された自動車が不要な場合はどうすればいいのか?

遺産相続をするとき、被相続人が自動車やバイクを残しているケースがあります。

その場合には、自動車の相続手続きをしなければなりません。

誰か1人の相続人が相続するのか、全員が共同で相続するのか、または廃車にするのかにより、手続きの方法が変わってきます。

以下で自動車やバイクの名義変更について、解説していきます。

 

1.バイクの名義変更について

自動車やバイクを相続した場合の名義変更は、管轄の陸運局で行います。

バイクの場合は自動車よりも手続きが簡略化されており、以下の書類を用意して陸運局に名義変更の申請書を提出すれば、名義変更の手続きができます。

  • 譲渡証明書
  • 委任状
  • 車検証
  • 自賠責保険の証書
  • ナンバープレート
  • 軽自動車納税証明書
  • 軽自動車税申告書
  • 手数料納付書
  • 住民票

誰か1人の相続人が引き継ぐ場合でも相続人が共同で相続する場合でも、必要書類は同じです

 

2.原付の場合

原付の場合にはさらに手続きが簡単です。被相続人と同一の市町村に居住する相続人がそのままのナンバーで使用する場合、市町村役場に行って申請すれば、名義変更できます。

異なる市町村の相続人が相続する場合やナンバーを変える場合には、いったん原付を「廃車」扱いにし、その後再登録する形になります。その手続きについても市町村役場でできます。

 

3.自動車の場合

自動車の場合には、誰か1人の相続人が自動車を引き継ぐのか、全員で相続するのかによって必要書類が異なります。

1人が相続するのであれば、まずは誰が車を相続するのか、遺産分割協議を行って決定しましょう。全員が相続する場合には、主に車を利用する「使用者」を決めておきます。

その上で車を管轄する陸運局に行き、名義変更の申請を行います。

その際、車検証と被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本、相続人の印鑑証明書、車庫証明書などの書類が必要です。誰か1人が相続する場合には遺産分割協議書も用意しましょう。

その場で500円の手数料を納め申請書を提出すると、名義を換えてもらえます。

また、自動車が不要な場合には、廃車にすることも可能です。その場合、業者に依頼すると良いでしょう。

 

4.保険について

車やバイクを相続したら、自動車保険の名義も変える必要があります。保険会社に連絡を入れて名義変更用の書類を揃えて提出しましょう。いったん保険を解約して、別の保険に入り直してもかまいません。

車の名義変更手続きについては、行政書士に代行を依頼することができます。

ご依頼いただけましたら、相続人の方には何もしていただかなくても名義変更が完了するので、手間と時間を省けます。

方法がわからない場合や面倒な場合、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー