相続人調査・戸籍謄本の取得代行

ご両親やご親族が亡くなって相続が発生したら、まずは「相続人調査」が必要です。

誰が相続人かを特定しないと、遺産分割協議を始めることもできません。

ただ、相続人調査は思っている以上に大変な作業となり、相続人の方たちに負担になってしまうことが多々あります。

今回は、相続人調査の方法を行政書士がご説明します。

 

1.相続人調査とは

相続人調査は「誰が法定相続人になるか」を調べることです。

人が死亡したときに遺言がなかったら、民法の定める相続人である「法定相続人」が相続します。ただ、法定相続人は死亡時の家族だけとは限りません。被相続人(死亡した人)が再婚している場合には前婚の際に子どもがいるかもしれませんし、今の家族も知らない認知した婚外子がいる可能性もあります。

このような今の家族以外の子供たちも相続人になるので、遺産分割協議に参加してもらう必要があります。

そこで遺産相続の手続きを進める前提として、相続人調査を行い漏れなく相続人を把握しておく必要があるのです。

 

2.相続人調査の方法

それでは、相続人はどうやって調べたら良いのでしょうか?

日本には戸籍制度があり、親子や兄弟などの家族関係はすべて戸籍に記録されています。

そこで、基本的には戸籍を取り寄せて内容を確認することで、相続人を調べることが可能です。

具体的には、被相続人の「出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本、改正原戸籍謄本、除籍謄本」を取得して調べます。抜けや漏れがあると、そこに子どもや養子などの記載があるかもしれないので、必ず漏れの無いよう連続した謄本類を取得しましょう。

戸籍謄本類は、本籍地のある役所に申請すれば発行してもらえます。遠方でとりにいけない場合には、郵送で取得申請できます。郵送の場合、返信用の切手と必要な費用分の定額小為替を入れて役所に送ったら、該当の戸籍謄本を返送してもらえます。

 

3.相続人調査を行政書士に依頼するメリット

相続人調査は大変に手間がかかり、忍耐を要する作業です。慣れていない方の場合、抜けや漏れも発生しやすく手違いも起こりやすいです。行政書士に戸籍謄本の取得代行をご依頼いただけましたら、確実にすべての戸籍謄本類を取得して、相続関係を表にしてお渡しいたします。確実に相続人調査ができて労力も省けるので、大きなメリットがあります。

戸籍謄本収集の代行を依頼されたい場合、まずはメールかお電話にて当事務所まで直接お問い合わせ下さい。行政書士がお話をお伺いして費用等の説明を行い、相続人調査を実施して結果をご報告させていただきます。

遺産相続手続きでつまづいたら、お気軽に行政書士までご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー