銀行口座の預金が凍結されてお困りの方へ

銀行口座の預金が凍結されてお困りの方へ死亡すると、その方の名義の銀行口座は凍結されてしまいます。

すると相続人の方たちに必要なお金も出金できなくなり、困ってしまうケースが多々あります。

以下では預金口座の凍結を解除するにはどうしたらよいのか、解説していきます。

 

1.相続人全員で払い戻しを行う

被相続人名義の口座が凍結された場合でも、法定相続人全員が共同して預金口座の払戻しや解約を請求すれば、金融機関は受け付けてくれます。

一般的には相続人の代表者を決めて、他の相続人はその相続人に「委任状」を渡し、代表の1人が解約払戻しを申請します。

手続きの際には、解約払戻しの請求書と被相続人の生まれてから亡くなるまでのすべての戸籍謄本類、相続人らの戸籍謄本類などの書類が必要です。

具体的な必要書類や申請書の書式は銀行によって異なるので、各銀行に確認しましょう。

 

2.遺産分割を行って払い戻しを行う

預貯金を相続人のうち1人が相続して払戻し名義変更を行いたい場合には、相続人らが全員で遺産分割協議を行い、成立させることが必要です。

遺産分割協議によって誰が預貯金を相続するかを決めたら、その内容を「遺産分割協議」にまとめます。

そして、その遺産分割協議と戸籍謄本類、預金を引き継ぐ相続人の身分証明書などの必要書類を持参して金融機関で申請書を出せば、名義変更や払戻しができます。

 

3.遺産分割協議前に相続人の1人が払い戻しを行う

遺産相続の際、まだ遺産分割協議が整っていないけれど先に銀行預金を払い戻したいケースがあります。

その場合には、個々の法定相続人が金融機関に行くと、その人の法定相続分を限度に払い戻しを受けられるケースがあります。

ただこのような個々の相続人による相続分のみの払い戻しに応じていない金融機関もあり、対応は分かれます。

どうしてもお金が必要なケースでは、裁判所で仮処分を申し立てることにより、払い戻しを受けることができます。

なお近い将来、相続税制の改正により、個々の相続人が一定程度までの預貯金払い戻し請求できるようになる予定です。

 

4.生前に生命保険に入っておく方法も有効

相続と同時に銀行預金口座が凍結されてしまったら、預金を引き出せずに葬儀費用や相続税の支払いなども困難になってしまうケースがあります。

そのような事態に備えるには、生前に生命保険に入っておくか生前贈与によって、葬儀費用や相続税の支払い資金に回すことができます。

相続開始後、銀行預金口座が凍結された場合、行政書士が解除の手続きを代行することも可能です。お困りの際にはお気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー