遺言書を作成するメリットとデメリット、注意点について

  • 遺言書を作成するとどのようなメリットがあるの?
  • 遺言書を作成するデメリットは?
  • 遺言書を作成する際の注意点を知りたい

一般的に「相続対策には遺言書を作成しよう」と言われるケースが多々ありますが、遺言書を作成するとどのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

遺言書作成の注意点とともに、行政書士が解説します。

 

1.遺言書作成のメリット

遺言書を作成すると、以下のようなメリットがあります。

 

1-1.相続争いを避けられる

遺言書を作成しておくと、相続人同士の相続争いを避けやすいです。遺言書によってすべての財産の分け方を指定しておけば、相続人が自分達で話し合って遺産分割方法を決める必要がなくなるからです。多くのトラブルは遺産分割協議で起こるので、これを避けられるのは大きいです。

 

1-2.誰にどのくらいの遺産を相続させるか指定できる

遺産を次の世代に受け継がせるとき、誰にどの遺産を渡すのか自分で決めたい方も多いです。遺言書がなかったら遺産は法定相続分に応じて法定相続人に引き継がれてしまいますが、遺言書があれば、遺言者の自由な判断で財産を相続人たちに受け継がせることができます。たとえば長男に自宅不動産を相続させ、次男には預貯金と株式を相続させるなどの指定ができます。

 

1-3.相続人以外の人に遺産を受け継がせられる

遺言書がなかったら、相続できるのは「法定相続人」だけです。しかし実際には、相続権のない人に遺産を受け継がせたいケースもあります。たとえば内縁の妻や夫、孫や長男の嫁などの人には相続権がありません。

遺言書を作成しておくと、これらの人にも遺産を受け継がせることが可能です。

 

1-4.寄付や認知などもできる

遺言書を作成すると、法人へ寄付もできますし、子供の認知なども可能です。

 

2.遺言書作成のデメリット

遺言書を作成すると、不利な内容となっている相続人などから「遺言書が無効」と言われて相続人間でトラブルが発生するケースがあります。

また遺留分を侵害する遺言書を作成してしまった場合、「遺留分減殺請求」が起こってトラブルになってしまうおそれもあります。

 

3.遺言書を作成する際の注意点

遺言書を作成するときには、無効にならないように適切な方法で作成すべきです。なるべく自筆証書遺言ではなく「公正証書遺言」を作成しましょう。方法がわからない場合には、行政書士が丁寧にサポートいたしますので、お気軽にご相談ください。

また遺留分を侵害しない内容にすることも重要です。遺留分の計算方法や配慮の方法がわからない場合には、行政書士や司法書士などの法律家に相談することをお勧めします。

当事務所では、生前の相続対策にも非常に力を入れています。遺言書作成に関心をお持ちの方は、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー