どんな方が遺言書を書くべき?

遺言書っているの?

 

中には作成しなくてもいい方も勿論います。

じゃあどんな人が遺言書を検討しないと

いけないか。

 

以下で一度ご確認してみてください。

遺言書を作成した方が良いケースとは

 

これを読んであなたは遺言書を作成したほうが

いいと思いましたか?

 

思うのであれば、早めの行動が必須です。

まだ大丈夫、また今度でいいや。は、結局

進まないことが多いです。

 

私は揉めている相続を何度も見てきました。

遺言書でそれを解決できる方は

沢山いらっしゃいます。

 

・誰に財産を相続(または遺贈)させればよいのか

・遺留分はどう考えればよいのか

・相続税は発生するのか

・遺言書とは別に生命保険もかけているが

・生命保険の受取人はこのままでよいか

・公正証書遺言、自筆証書遺言のどちらにしようか

 

色々悩むことはあると思います。

お一人で解決できないことは、専門家に相談

するのが一番です。

 

当事務所は相談無料ですし、出張相談も無料です

ので、安心してご相談ください。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー