会ったことがない相続人がいる場合何を伝えればいい?

気象庁のHPを確認しましたが、九州北部の大雨が強烈ですね。

被害が早く回復するこを願います。

 

さて、今日のお話は「会ったことが相続人がいる場合どう連絡したらいい?」です。

まず相続人調査を行いますよね?

戸籍、原戸籍、除籍、戸籍の附票(or住民票の写し)を取って、知らない相続人が

発見されたとします。

 

最初は住所しかわからないので、手紙を送るしか方法はありません。

いきなりご自宅に行くのもどうかと思いますので。

 

ここで、伝えるべき事項が2点あります。

 

一つ目:あなたは相続人ですよ

まずこれですね。ただ単に相続人であることを伝えるのではなく、相続関係図を作成して、

被相続人が誰なのか、なぜあなたは相続人なのかわかるようにしてあげたほうがよいです。

複雑な相続関係であれば、言葉で説明しても相続関係図がないとわかりにくいからです。

 

二つ目:財産はこれだけありますよ

次にこれです。相続人であることは理解してもらえても、「ほんで何を相続するん?」となります。

ですので、財産目録を作る必要があります。

財産目録に記載する内容は、預金、現金、不動産(土地、建物)、借金、車等、

プラスの財産とマイナスの財産の全てです。

 

ここで注意です!財産を絶対に隠してはいけません!!

トラブルになるだけです。

 

会ったことがない相続人がいるときは、細心の注意が必要です。

面識のない人といきなりお金の話をするわけですから。

「会ったことないねんから、相続放棄してや」なんてことは言ってはいけません。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー