在日韓国人の方の死亡届

おはようございます。

 

相続において、日本人が死亡した場合は、

葬儀屋さんが役所に死亡届を提出します。

 

そして、死亡の事実が、戸籍や住民票に記載

されます。

 

では在日韓国人の場合は、どうか。

同じように、葬儀屋さんが役所に死亡届を

提出します。

 

そして、死亡の事実が住民票に記載されます。

(日本の役所に戸籍はありません)

 

これで終わりではなくて、韓国領事館にも、

死亡届を提出しないといけません。

 

これをしないと、韓国での証明では、

死亡していないことになります。

 

http://overseas.mofa.go.kr/jp-osaka-ja/brd/m_818/view.do?seq=759788&srchFr=&srchTo=&srchWord=&srchTp=&multi_itm_seq=0&itm_seq_1=0&itm_seq_2=0&company_cd=&company_nm=&page=2

 

↑韓国領事館での必要書類の案内です。

 

必ず忘れないようにしましょう!

 

このように、日本の相続と、韓国の相続では、

異なることが沢山あります。

 

よければ、過去の記事も参考にしてみてください😊

亡くなった人が、在日韓国人の場合はどうすればいい!?

 

亡くなった人が、在日韓国人の場合はどうすればいい!? ②

亡くなった人が、在日韓国人の場合はどうすればいい!? ③

 

弊所では、在日韓国人の相続も豊富に経験が

あり、相続手続だけでなく、翻訳まで行って

おります。

 

あなたが悩んでおられること、専門家に

相談して安心しませんか?

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー