相続をほったらかしてるけど、いいの!?

24時間マラソンが決定しましたね。

今年は、24時間駅伝として行うそうです。

楽しみですね。

 

さて、相続手続をせずに、何年・何十年とほったらかしている方がいます。

いいんでしょうか。

 

答えは、

「早く相続手続きを進めて下さい」

です。

 

なぜか!?

相続人が亡くなったり、認知症になったり、揉めてしまったり、色んなリスクがあるからです。

 

相続人が亡くなるとどうなるか。

例えば、被相続人(父)の相続をほったらかしている相続人長男、長女がいるとします。

続いて、父の相続を終えないまま、相続人(長男)も死亡しました。

 

(ちなみに被相続人の相続が終わっていない状態で、相続人が死亡する。

これを二次相続といいます)

 

相続人(長男)の相続人は、妻と相続人の長男と二男です。

となると、被相続人(父)の相続人は、

 

長女、

相続人(長男)の妻

相続人(長男)の長男、

相続人(長男)の二男

となります。

 

では、長女と相続人(長男)の妻がとても仲が悪かったら、どうなるでしょう??

まず遺産分割が進まないですよね。

 

調停しますか?

弁護士さんに交渉を依頼しますか?

裁判しますか?

 

そこまではちょっと。となりますよね。

早く手続きをしてれば、終わっているのです。

原因は、「ほったらかしていた」だけなんです。

 

同様に、相続をほったらかしていて、相続人が高齢になり、認知症になるといった

場合もあります。

 

相続人が認知症になると、成年後見人をたて、成年後見人が相続人の代わりとなり、

遺産分割に参加することになります。

 

成年後見人は、就任すると原則その方の認知症が改善されるか、死亡するまで、

継続します。

遺産分割が終われば、成年後見人の職務が終了するわけではありません。

 

さらに、成年後見人は、法定相続分を確保しなければなりません。

「相続はいらない」とは言えないのです。

 

相続するだけでこんなことしないといけないの!?

 

そうなんです。しないといけないんです。

なので、「早め」が大事なんです。

 

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら辻井行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー