相続手続きを放置するとどうなるか?

女優の八千草薫さんがお亡くなりになりました。

ご冥福をお祈りいたします。

 

人が亡くなると、相続が発生します。

その相続を放置するとどうなるのか。

 

放置する時間が長くなればなるほど、手続きは複雑になり、長期化します。

当初の相続人が死亡し、また相続人が増え、、、となっていきます。

 

先日、20年程放置していた相続手続きで、集めた戸籍を数えてみました。

90通でした。

相続人は20名です。

 

はっきり言って、ご自身では出来ないと思います。

解決する方法(死後においては)は、「早めに相続手続きを行う」です。

これしかありません。

 

放置するリスクをまとめてみました。

1、当初の相続人が死亡し、新たな相続人が出て、相続人が増える

2、相続人が多くなるので、遺産分割協議が大変

3、認知症の相続人や連絡が取れない相続人が出てくる

4、時間がかかる

5、自分が死んだ時の相続人に迷惑がかかる

 

もう既に手に負えないと思っている方へ。

それでも放置すると完全に相続が完了しない可能性が出てきます。

早めの行動をオススメします。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー