遺言書に私の名前が載っている!? でも放棄したい。①

こんにちは!

緊急事態宣言も解除され、先日堺東を歩いていましたが、
やはり人は増えていました。

以前と変わらない様子でした。

注意しつつ、以前の様に生活できるといいですね^^

さて、今日のお話は、遺言書に自分の名前が載っていた場合です。

遺言書に名前が載っているとなると、
①相続人の立場であるか
②受遺者の立場であるか
となります。

①相続人の立場である。
というのは、法定相続人のことをいいます。

②受遺者と言うのは、
相続人以外の人で、「遺言書で、〇〇にあげる」とされた人のことをいいます。

少し難しい言い方をすると、遺言書によって贈与を受けた人。
となります。

本来であれば、貰えるのでラッキーと思う人が殆どでしょうが、
場合によっては、「要らないわ。放棄しよう」と考える人もいます。

では、その受遺者を放棄する場合、どんな手続きが必要なのでしょうか?

先ほど、受遺者は、遺言書によって贈与を受けた人。
と言いました。
これは「受けた側の人」です。

「あげる側」は、「遺贈する」といいます。
漢字を読むとわかりやすいです。

遺(遺言書で)贈(贈与する)=遺贈
です。

受遺者なら、
受(受ける)遺(遺言書で)者(人)=受遺者
です。

続きを書きたいのですが、今日はここまでにします。
次回楽しみにしておいてください。

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー