Archive for the ‘遺言書’ Category

遺言書に私の名前が載っている!? でも放棄したい。②

2020-05-26

おはようございます。

早速ですが、昨日の続き。
https://osakasakai-souzoku.com/category/%e7%9b%b8%e7%b6%9a/
昨日は、↑ここまで書きました。

では、受遺者の立場で、その遺言に記載された遺産を放棄したい場合、手続きはどうすればよいのでしょうか。

まず遺贈には、包括遺贈と特定遺贈があります。
これによって、手続きに方法が異なります。

包括遺贈とは、〇〇に全てを遺贈する。や〇〇に全財産の2分の1を遺贈する。等の場合をいいます。
つまり、財産を特定せずに、遺産の全部や、全財産の何分の1等の場合です。

特定遺贈とは、〇〇にUFJ銀行堺東支店 普通 11111を遺贈する。ゆうちょ銀行通常貯金 2222222を遺贈する。等の場合です。
つまり、UFJ銀行、不動産、ゆうちょ銀行等、特定している場合です。

包括遺贈の場合の放棄は、相続放棄を行うことになります。

相続放棄は、自身が相続の開始を知った時から3カ月以内に家庭裁判所に申立てを行う必要があります。
概要については、以下のリンクを載せておきます。
https://www.courts.go.jp/saiban/syurui/syurui
_kazi/kazi_06_13/index.html

特定遺贈の場合は、3カ月という期限はなく、いつでも放棄をすることができ、
相続放棄をすることなく、相続人or遺言執行者に意思表示をすることにより、
遺贈の放棄ができます。

以上、長くなりましたが、遺贈の放棄についてでした。

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

遺言書に私の名前が載っている!? でも放棄したい。①

2020-05-25

こんにちは!

緊急事態宣言も解除され、先日堺東を歩いていましたが、
やはり人は増えていました。

以前と変わらない様子でした。

注意しつつ、以前の様に生活できるといいですね^^

さて、今日のお話は、遺言書に自分の名前が載っていた場合です。

遺言書に名前が載っているとなると、
①相続人の立場であるか
②受遺者の立場であるか
となります。

①相続人の立場である。
というのは、法定相続人のことをいいます。

②受遺者と言うのは、
相続人以外の人で、「遺言書で、〇〇にあげる」とされた人のことをいいます。

少し難しい言い方をすると、遺言書によって贈与を受けた人。
となります。

本来であれば、貰えるのでラッキーと思う人が殆どでしょうが、
場合によっては、「要らないわ。放棄しよう」と考える人もいます。

では、その受遺者を放棄する場合、どんな手続きが必要なのでしょうか?

先ほど、受遺者は、遺言書によって贈与を受けた人。
と言いました。
これは「受けた側の人」です。

「あげる側」は、「遺贈する」といいます。
漢字を読むとわかりやすいです。

遺(遺言書で)贈(贈与する)=遺贈
です。

受遺者なら、
受(受ける)遺(遺言書で)者(人)=受遺者
です。

続きを書きたいのですが、今日はここまでにします。
次回楽しみにしておいてください。

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

遺言書を開けたら、自分が遺言執行者になってるけど、どうしたらいい!?

2020-03-16

 

こういったこと、実は結構あります。

 

故人様が遺言書を書いていて、読んでみると、

遺言者は、この遺言の遺言執行者として、次の者を指定する。

住所:〇〇〇〇

職業:〇〇〇

氏名:〇〇 〇〇

 

「あ、自分になっている。」となった方は多いと思います。

さあどうしましょうか?

 

そもそも遺言執行者が何かわからないのに、何をしたらいいの?

ご安心下さい。

一つ一つ進めていきましょう。

 

まず遺言執行者が何かを知りましょう。

めちゃくちゃ簡単に言うと、「遺言の内容を実現する人」のことをいいます。

難しく言うと、

「遺言執行者は、相続財産の管理その他遺言の執行に必要な一切の行為をする権利義務を有する」となります。

 

相続手続きでもそうですよね?

被相続人の財産を名義変更するのに、誰かがしないといけません。

相続人がするのか、私のような相続業務をやっている事務所に依頼するか。

 

その手続きを行う人を遺言書では、事前に決めておくことができ、それが遺言執行者が行います。

 

では、遺言執行者に選任されたら、何をしたらいいのか?

実は、民法で行うことが定められております。

 

大まかな流れは、以下の通りとなります。

 

①相続人への遺言執行者として就任の通知

②全遺産の調査・把握と財産目録の作成

③遺言による財産の処分・承継に伴う登記、名義変更等

④対象となる財産の受益者(相続人や受遺者)への引き渡し

⑤必要に応じ遺産の管理・保管等

⑥遺言執行の終了

 

以上がおおまかな流れとなります。

具体的には実情に合わせて、内容が変更となる場合があります。

 

遺言執行者に就任されているけど、

どうしていいかわからない、忙しくてできない等

お困りの方は、お気軽にご相談下さいませ。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

遺言書を作成しておいたほうがいい?

2019-11-07

こんにちは^^

 

今日はボクシングWBSSの決勝ですね。

井上尚弥選手VSノニトドネア選手

むちゃくちゃ楽しみです。

 

さて、遺言書を作成したほうがいい人は、どんな人でしょうか?

 

チェックリストでまとめてみましたので、気になる方は、以下で確認してみて下さい。

 

・子がいない                       □

・後妻・後夫がいる、先妻・先夫との間に子供がいる     □

・婚姻外の子がいる                    □

・相続人が6名以上いる                           □

・相続人同士、面識がない                 □

・疎遠になっている親族(相続人)がいる          □

・自分の介護をする人、しない人がいる           □

・会社経営している                    □

・家賃収入がある                     □

・内縁の夫・妻がいる                   □

・子が実子ではなく、養子縁組をしていない         □

 

上記11項目ですが、当事務所で遺言書を書いていない為に、

相続が長期化、複雑化した方です。

 

遺言書を書くべき方は、相続で「揉めるか」だけではありません。

長期化するか

複雑化するか

 

も考慮しないといけません。

困るのは、相続人です。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

遺言執行のやり方がわからない😓

2019-10-23

こんにちは!

先週は八田荘地区のだんじり祭りが行われました。

天気も良かったですね。

僕も少しだけ見に行けました。

 

さて今日のお話は「遺言執行のやり方がわからない」です。

 

遺言書を作成するとき、遺言執行者を指定することができます。

 

遺言執行者は、相続人でも、受遺者でも、第三者でも大丈夫です。

 

ただ遺言執行というのは、要は相続手続きをする人なんです。

 

なので、どうやって進めていけばいいかわからなければ、手続きは完了しません。

 

遺言執行でお困りの方は、ぜひご相談下さい。

当事務所では、遺言執行者からご依頼を頂くことが

多数あり、遺言執行者に代わって、手続きを進めさせていただきます。

 

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

 

 

 

母が実母じゃない!?

2019-10-14

こんにちは。

 

しばらくブログを更新できておりませんでした。

だんじりの時期と重なり、ブログがおろそかになっていました。

祭りも終わり、ようやくいつもの生活に戻れます。

また祭りのこともブログで書きます。

 

さて、今日のお話は「母が実母じゃない!?」です。

よくご相談に多いのが、

・父は離婚後再婚したので、新しいお母さんとは血は繋がっていない。

です。

 

子どもの頃に親が離婚し、父が再婚して新しいお母さん(後妻)と一緒に生活を

してきたが、本当の親じゃなかった。

 

となると、血縁関係はありません。

 

どんなことが起きるかというと、

新しいお母さんが亡くなった時に、相続できないことになります。

親子関係がありませんから。

 

これを回避する為には、以下の対策が必要です。

1、養子縁組を行う

養子縁組をすれば、戸籍に養母、養子として記載されますので、

実子と同じような扱いになります。

つまり、相続をすることができます。

 

2、遺言書で遺贈する

養子縁組をしていない場合、遺言書で遺贈をしておけば、

親子関係でなくても、財産を受取ることができます。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

 

 

 

遺言書のススメ!

2019-09-25

こんばんは。夜も少しずつ涼しくなり、体調管理できていますか?

私はちょっと喉がやれらました 😯 

 

さて、今日のお話は遺言のお話です。

 

まずは遺言書について記事をまとめたものがありますので、一度ご覧ください^^

当事務所の「遺言書作成」業務について

 

財産を甥だけに相続させたい。

お世話になった人に、自分が死んだら遺贈したい。

生前色々やってくれた長女に財産を多く相続させたい。

このようにご自身で、相続の承継先を指定したいなら、遺言書を考えないと

想い通り相続させることはできません。

 

そう、口で言っているだけでは、意味がないのです。

 

「生前に僕に相続させると言っていた」

残念ながら何の効果もありません。

 

早いに越したことはありません。

真剣に遺言書について考えてみませんか?

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です

 

 

 

 

 

どんな方が遺言書を書くべき?

2019-09-04

遺言書っているの?

 

中には作成しなくてもいい方も勿論います。

じゃあどんな人が遺言書を検討しないと

いけないか。

 

以下で一度ご確認してみてください。

遺言書を作成した方が良いケースとは

 

これを読んであなたは遺言書を作成したほうが

いいと思いましたか?

 

思うのであれば、早めの行動が必須です。

まだ大丈夫、また今度でいいや。は、結局

進まないことが多いです。

 

私は揉めている相続を何度も見てきました。

遺言書でそれを解決できる方は

沢山いらっしゃいます。

 

・誰に財産を相続(または遺贈)させればよいのか

・遺留分はどう考えればよいのか

・相続税は発生するのか

・遺言書とは別に生命保険もかけているが

・生命保険の受取人はこのままでよいか

・公正証書遺言、自筆証書遺言のどちらにしようか

 

色々悩むことはあると思います。

お一人で解決できないことは、専門家に相談

するのが一番です。

 

当事務所は相談無料ですし、出張相談も無料です

ので、安心してご相談ください。

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら

辻井法務行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

知らないと損する遺言書作成時の注意点

2019-08-03

台風8号が、接近上陸します 😯 

気を付けて下さいね。

昨年大阪に上陸した台風はほんまに怖かったですね。

あの時は、事務所を休みにし、私は午前中で仕事を終えましたが、帰りは危なかったです笑

 

早速ですが、遺言書を書く際に知っておいたほうがいいことを今日はお話します^^

 

「遺留分の存在」

被相続人は遺言書で自由に作成することはできますが、例えば全財産を一人の相続人に相続させると

した場合、他の相続人にとってあまりに不公平になります。

 

そこで、そうした不公平を緩和する為の制度として「遺留分」があります。

そして、この遺留分にあたる額を実際に取り戻すときに行使する権利のことを

「遺留分減殺請求権」とよびます。

※今回の相続法改正で、「遺留分侵害額請求権」と呼ぶことになりました。

 

遺留分の計算ですが、以下のとおりとなります。

法定相続人:父母(直系尊属)は、法定相続分×3分の1

     :兄弟姉妹は、なし

     :子(直系卑属)は、法定相続分の2分の1

 

揉めない為に作る遺言書。

家族を安心させる為に作る遺言書。

なのに、遺留分減殺請求をされ、揉めてしまったら意味がないですよね。

 

本当にこの遺言書でよいのか、不安な方は是非当事務所の無料相談をご利用下さい 🙂 

 

大阪府堺市で相続・遺言・家族信託のことなら辻井行政書士事務所まで。

相談は無料です。

知っておきたい公正証書遺言のこと。

2019-07-02

人はいつどうなるかわかりません。

ついこないだまで元気だったのにってこともありえます。

 

僕の祖母もめちゃくちゃ元気だったのに、突然の心筋梗塞により

3日後に亡くなりました。

 

先日ニュースであった、大谷翔平選手のチームメイトである

エンゼルスのタイラースカッグス投手も急死しました。

 

 

さて、今日は公正証書遺言についてお話させて頂きます。

まずは、公正証書遺言の流れについて。

 

①相続人調査

相続人調査は行わなかったとしても、遺言書は作ることはできます。

しかし、これをやっておかないと、万が一知らない相続人がいた場合に、

遺留分の問題など大変になることがあります。

 

例えば、遺言者の長男がいて、遺言者であるお父さんが、

「ワシはお前に全財産あげる旨の遺言書を書いたぞ」と言って長男は安心していたとしても、

いざ、遺言執行する際に、生前に父が認知した子(婚外子)がいたら、

認知された子には、遺留分が発生します。

 

なので、相続人調査をやっておいたほうが、安全安心した遺言書が作成できます。

 

②相続財産の調査

遺言書を作成する場合、実際に財産を記載していくので、必ず相続財産を調査し、

何があるのかを把握しておかなければなりません。

 

③遺言書原案の作成

誰に何を相続させるか、または遺贈させるかを作成していきます。

当然ですが、ここが一番重要なとこになってきます。

遺留分を侵害していないか、財産に漏れがないか、執行はどう行うか等をしっかり考え

作成しないといけません。

 

④公正証書遺言の作成

公証役場に作成した原案を提示し、遺言書作成日を決定します。

当日は、遺言者本人の実印、印鑑登録証明書、証人二人の本人確認書類、認め印が必要になります。

 

⑤遺言書作成日

当日は、公証役場か指定の場所にて、原本、謄本、正本の3つを作成します。

原本は公証役場で保管し、正本および謄本は遺言者が持って帰ります。

 

基本的な流れは、以上となります。

ここで質問です。

 

Q,遺言書を作成する上で、一番重要なことは何でしょうか?

A,遺言書を作成すること。

ではありません!!

 

答えは、書いた遺言書が問題なく確実に執行されることが目的です。

・本当に作成するこの遺言書が問題ないのか?

・作成した遺言書は、確実に問題なく執行されるのか?

 

をしっかりと考えなければなりません。

 

大切な遺言書です。

専門家に相談しても損はありません。

 

大阪府 堺市で相続・遺言・家族信託のことなら辻井行政書士事務所まで。

相談は無料です。

 

 

 

 

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー