遺産分割協議書の作成について

  • 遺産分割協議書はどうやって作成するの?
  • 遺産分割協議書の書き方がわからない
  • 遺産分割協議書は何に使うの?

相続人たちが話し合って遺産分割協議が成立したら「遺産分割協議書」の作成が必要です。

遺産分割協議書はどのように作成するのか、何のために作成するのかなど、行政書士が説明いたします。

 

1.遺産分割協議書とは

遺産分割協議書とは、相続人たちが遺産分割協議を行い、合意した結果をまとめた書面です。遺産分割方法に関する契約書のようなものと理解すると良いでしょう。

遺産分割協議が成立しても、遺産分割協議書がないと合意内容を証明することができません。後日になって、他の相続人が「やっぱりもっと遺産を分けてほしい」と言って紛争を蒸し返してくる可能性があります。

また遺産分割協議書を作成しておかないと、不動産の相続登記などの遺産相続手続きができません。

遺産分割協議が整ったら、すぐに遺産分割協議書を作成する必要があります。

 

2.遺産分割協議書が必要になる場面

遺産分割協議書は、以下のようなケースで必要となります。

 

2-1.不動産の相続登記

不動産を相続して,特定の相続人の名義に書き換えるときには必ず遺産分割協議書が必要です。法務局で遺産分割協議書や戸籍謄本等の必要書類を提出して所有名義を移転します。

 

2-2.預貯金の払い戻し

被相続人名義の預金を払い戻したり口座の名義変更をしたりする場合にも、遺産分割協議書が必要です。金融機関に遺産分割協議書を持参して解約払戻や名義変更の申請書を書いて提出すれば、手続きをしてもらえます。

 

2-3.株式の名義変更

上場株式や非上場株式の名義変更でも遺産分割協議書が必要です。提出しないといつまでも株式が被相続人名義のままになってしまいます。

 

3.遺産分割協議書の作成方法

遺産分割協議書を作成するときには、誰がどの遺産を相続するのかを順番に書いていきます。

遺産の特定と誰が相続するのかを間違いなく書かなければなりません。たとえば不動産なら全部事項証明書の表題部を引き写し、預貯金は金融機関名と支店名、預金の種類と口座番号を書きましょう。

最後に必ず相続人全員が実印で署名押印する必要もあります。

間違っていたら相続手続きができないので、慎重に作成しましょう。

自分たちで適切に作成する自信がない場合、行政書士が作成代行いたします。

遺産分割協議書の作成サービスだけではなく、当事務所では相続人調査から各種の遺産の名義書換までワンストップで解決できる「遺産整理業務」をご利用頂けます。是非ともお気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー