株式・株券の名義変更(相続手続き)

  • 株式を相続することになったけれど、どうやって名義変更したら良いのかわからない
  • 非公開株式の株券が残されたけれど、どのように相続手続きをするの?

亡くなった方が株式や株券を所有されていた場合、相続人の名義に変更する必要があります。ただ、具体的な手続きの方法がわからない方もおられるでしょう。

今回は、株式の名義変更の方法を、行政書士が解説します。

株式の相続方法は、上場会社の株式か非上場会社の株式かで異なるので、以下では分けてみてみましょう。

 

1.上場株式の相続手続き

上場会社の場合、株式は被相続人名義の証券口座内で管理されているので、その証券会社に連絡をして、株式の名義書換を依頼します。

また株式を引き継ぐ前提として相続人名義の証券口座が必要ですので、相続人に口座がない場合には、開設する必要があります。

名義変更申請の際には以下の書類が必要です。

  • 株券名義書換依頼書(証券会社の書式のもの)
  • 被相続人が出生してから死亡するまでの戸籍謄本
  • 遺産分割協議書
  • 相続人全員分の印鑑証明書
  • 相続人全員分の戸籍謄本

名義変更と同時に口座開設の手続きを行うことも可能です。

また、被相続人が「株券(いわゆるタンス株)」を所持していた場合、まずは株券を電子化してから名義書換の手続きをしなければいけません。現在、上場株式はすべて電子化されているからです。

このように、相続人が口座を用意して名義変更を申請すれば、相続人名義の口座へと被相続人の株式が移管されます。その後は相続人が自由に株式を処分することができるので、持ち続けて配当をもらうことも売却して現金化することも可能となります。

 

2.非上場株式の相続手続き

非上場株式の場合、株主は会社で直接管理されているので、株式発行会社へ直接名義変更の申請をします。

基本的には遺産分割協議書を作成して、戸籍謄本類などを示して会社に株主名簿の書き換えを請求します。ただ非上場会社の関係者が全員親族である場合、厳密な資料や手続きは不要で、関係者全員が同意すればすぐに書き換えができることもよくあります。

親族のみの非上場会社の場合、相続が発生しても株主の名義変更をせずに放置することもありますが、後のトラブルの原因になるので必ず名義変更はしておくべきです。

また非上場会社でたまにありますが「譲渡制限付き株式」を相続した場合、会社が相続による権利者変更を認めず株式の買取請求をしてくるケースがあります。その場合には、相続人は株式の相続をできず、買取金のみを取得することとなります。

株式や株券の相続手続き、解約手続きは複雑です。迷われたら行政書士がお手伝いいたしますので、お気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー