相続が発生したら、生命保険金受取りも忘れずに

相続が発生したら、生命保険金受取りも忘れずに人が亡くなって遺産相続が発生したら、生命保険の受取りも忘れずに行う必要があります。

死亡しても生命保険会社からは何も言ってこないので、自分で申請して手続きしなければなりません。

今回は、相続が発生したときの生命保険金受取り方法と遺産分割との関係について、解説します。

 

1.生命保険は自分から申告する必要がある

人が亡くなったら、葬儀や法要、遺品の整理などで忙しくなり、保険のことまで頭が回らなくなる方がおられます。

しかし被相続人が生命保険に加入していた場合、高額な生命保険金を受けとれるケースも多々あります。

生命保険は、被保険者が死亡したときに支給されるお金ですが、被保険者が死亡しても、保険会社の方から連絡してくれることはありません。受取人が自ら申告して、受けとる必要があります。

生命保険金の請求権には時効もあるので、早めに手続きを進めましょう。

 

2.生命保険を受けとる手続き方法

生命保険を受けとるには、まずは生命保険証書を手元に用意し、生命保険会社に電話を入れて、被保険者が死亡したことを伝えましょう。そして証書番号や被保険者名などを伝えて保険金請求用の書類を送ってもらいます。

その上で被相続人の戸籍謄本などの必要書類を送れば、指定した口座に生命保険金を振り込んでもらえます。

生命保険金の計算などは保険会社が行います。

 

3.生命保険を受けとれる人

生命保険を受けとれるのは、保険契約によって「生命保険の受取人」として指定されている人です。基本的には保険契約の際に、契約者(通常は被相続人)が指定しており、保険証書などにも記載されています。受取人は相続人とは限らず、相続権のない親族が指定されている可能性もあります。

またいったん受取人を定めても、遺言書によって変更することもできるので、自筆証書遺言や公正証書遺言などが残されている場合には内容を確認しましょう。

 

4.生命保険金は遺産分割の対象にならない

生命保険金は、数千万円などの高額になるケースも多々ありますが、基本的には相続財産の範囲に入らず、遺産分割の対象になりません。

遺産分割協議が整っていなくても申請できるので、早めに受けとりましょう。

なお生命保険の受取金には相続税の控除制度が適用されるので、生命保険に加入しておくと節税対策にもなります。

生命保険金の申請や受取が面倒な場合、行政書士が代わって手続きを進めることも可能です。その場合、保険会社からの必要書類取り寄せや請求手続き、保険金の受取りと精算まですべて行政書士が行うので、依頼者の方には特段何もしていただく必要はありません。

相続開始後いろいろと忙しくなっておられる場合、相続手続きをまとめて行政書士が承ることも可能です。お気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー