財産目録の作成

遺産相続したとき、「財産目録」が必要になるケースが多いです。

財産目録を作成しておくと遺産分割協議もスムーズに進みますし、裁判所の相続手続きなどでも必要なケースがあるので、相続財産調査が終わったら是非とも作成しておきましょう。

今回は、財産目録の作成方法や利用方法を行政書士が解説します。

 

1.財産目録とは

財産目録とは、遺産の内容と評価額を財産の種類ごとにまとめた一覧表です。

不動産、現金預貯金、株式や動産などの遺産をカテゴリごとに分類してそれぞれの評価額を記載し、負債があったら負債の明細も記入して、遺産全体の評価額を記載します。

財産目録を見ると、その事案でどのような遺産がどれだけあるのか一覧で明らかになります。

通常は「相続財産調査」が終わったら、その結果をまとめて財産目録を作成します。

 

2.財産目録を利用する場面

財産目録を利用するのは、以下のような場面です。

 

2-1.遺産分割協議を行う

相続人が全員参加して遺産分割協議を行うときには財産目録を作成しておくべきです。

遺産分割協議では、基本的に相続人が法定相続分通りに遺産を相続しますが、財産目録がないと、誰がどのくらい遺産をもらうのが公平になるのかわかりにくくなってしまうからです。財産目録を見ながら法定相続分を計算し、遺産相続の方法を決めていくと遺産分割協議がスムーズに進みます。

 

2-2.限定承認や遺産分割調停の申立をする

財産目録は、家庭裁判所の手続きを利用する際にも必要です。

たとえば借金を相続したくないときには限定承認の申述をすることがありますが、その際財産目録を添付して提出する必要があります。

遺産分割協議が整わない場合には遺産分割調停が必要ですが、遺産分割調停を申し立てるときにも財産目録の提出を要求されます。

 

2-3.相続放棄するかどうか決める

相続人となったとき、負債が資産より多かったら相続放棄したいと考えるものです。

財産目録があったら、どのくらいの資産と負債があり差し引きいくらになっているかが一見して明らかになるので、相続放棄するかどうかの判断に役立ちます。

 

3.財産目録の作成方法

財産目録を作成するときには、まずは資産の部と負債の部に分けて、資産については不動産や現金預貯金、株式や動産類などに分け、それぞれ個別の資産と評価額を書いていきます。負債についても借入先や未払いの債権者名と残債額を記入して合計額を書きます。

そして、それぞれのカテゴリの合計額と資産・負債それぞれの総額、資産から負債を引いた金額を書けば、財産目録が完成します。

書式などを使って作成することもできますが、自分たちではうまく対応できない場合、行政書士が作成することも可能です。

当事務所では、遺産整理業務として、相続発生から名義変更などの相続手続きまでワンストップでサポートしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー