行政書士による、財産調査・残高証明の取得代行

  • 相続したけれど、どのような財産があるのかわからない
  • 銀行に残高証明書を取りに行くのが手間で時間がない

相続人になったけれど、財産調査の方法がわからない方は、お気軽に行政書士までご相談下さい。

 

1.相続財産調査とは

遺産相続したら「相続財産調査」を行う必要があります。これは、そのケースでどのような遺産がどれだけあるのかを調べる調査です。

人が亡くなったとき、遺言がなかったら相続人が遺産分割協議によって遺産の分け方を決めなければなりません。しかしどのような遺産があるのかわからなければ、分けようがありません。

そこで遺産分割の前提として、相続財産を調査して遺産内容を明らかにしておく必要があります。

 

2.残高証明書の取得方法

遺産内容の調査方法としては、預貯金の残高証明書の取得が重要です。

相続の対象になるのは、基本的に「相続発生時の残高」です。もしも相続発生後に誰かが不正出金していたら、その分は返してもらわねばなりません。

そこで、死亡時にいくらの預貯金が残されているのか知るために、金融機関で「残高証明書」を発行してもらう必要があります。

残高証明書を取得するには、相続人が金融機関に行き、戸籍謄本など「相続人であることを確認できる資料」を示して、相続発生時点における残高証明書の発行を申請します。

すると、銀行から残高証明書の書類を発行してもらえます。

相続前後の一定期間の取引履歴を確認したい場合には、その申請も可能です。

 

3.行政書士に財産調査を相談するメリット

行政書士に残高証明書や取引明細書の取得を依頼すると、相続人が自分で金融機関に行って手続きをする必要がありません。

複数の金融機関に口座があり、すべてを回るのが面倒な場合などには、労力と時間をはぶけて大変メリットが大きくなります。

また、遺産には預貯金以外にもいろいろなものがあります。行政書士に相談していただけましたら、株式や不動産などの遺産内容の確認方法、家の中に残っている財産関係書類や動産類の探し方など、丁寧にアドバイスいたします。ご自身で各種財産調査をできない場合には、行政書士にお任せいただくことも可能です。

 

4.行政書士に財産調査を依頼する方法

行政書士に財産調査をご依頼されたい場合、まずは一度事務所の方まで電話かお問い合わせフォームにてご連絡下さい。

その後行政書士と面談を行い、行政書士から相続財産調査の方法のご説明や費用などを説明して、委任契約を締結する流れになります。

財産調査が終わりましたら、きちんと財産目録を作成してお渡しいたします。

遺産相続を可能な限り簡単かつスムーズに進めるため、お気軽に相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー