死後事務委任を依頼するメリットとタイミング

  • 死後事務委任を専門家に依頼すると、どのようなメリットがあるの?
  • 死後事務委任の相談にはいつのタイミングで行けばいい?

死後事務委任は死後の葬儀などの委任なので、元気なうちはなかなか相談に行こうと思わないものです。しかし早めに相談しておかないと、結局は希望を実現できなくなってしまう可能性が高まります。

今回は、死後事務委任を専門家に依頼するメリットとタイミングを解説します。

 

1. 死後事務委任を専門家に依頼するメリット

以下ではまず、専門家に死後事務委任を依頼するメリットをご紹介していきます。

 

1-1.親族に手間をかけさせずに済む

死後事務委任を専門家に依頼する1つ目のメリットは、子どもやその他の親族に、死後の諸手続きについての手間をかけずに済むことです。

たとえば葬儀は子どもにお願いするとしても、死亡届や年金保険、その他の雑務を専門家に依頼することにより、子どもにかける手間を大きく省けます。

 

1-2.スムーズに進められる

親族に死後事務を委任するよりも、行政書士などの専門家に委任した方がスムーズに手続きが進みます。親族よりも行政書士の方が各種の手続きに慣れていることが多いからです。

 

1-3.天涯孤独でも自分の希望を実現できる

天涯孤独な方は、周囲に死後の手続きを依頼できる親族がいません。専門家に依頼すれば、そういった方でも死後の葬儀や埋葬の方法についての希望を実現できます。

 

2. 死後事務委任を相談・依頼すべきタイミング

次に、死後事務委任を相談・依頼すると良いタイミングをご紹介します。

 

2-1.元気なうちに相談して契約を締結すべき

死後事務委任契約は、「相当な高齢になって身体も自由に動かなくなった頃に相談すれば良い」と考えている方もおられますが、実際にはそれでは遅すぎます。そのような状態では、どういった葬儀や埋葬方法を希望するのかしっかり調べて決めることも
難しくなります。また、動くのがしんどくなり、結局死後事務委任できないまま亡くなってしまうケースも多々あります。

そうではなく、元気で積極的に動けるうちに、死後事務委任を依頼しましょう。

 

2-2.高齢になったとき

高齢になり死を意識し始めたなら、一度死後事務委任のご相談にお越し下さい。

 

2-3.大病、怪我をした

大きな病気をして余命宣告を受けた場合や、大けがをして死の可能性があるケースなど、死期が迫ったときも死後事務委任契約を利用するタイミングです。

 

2-4.頼めそうな親族が周囲にいなくなった

これまで自分の死後の葬儀などを依頼しようと思っていた親族や子どもが亡くなってしまった場合や疎遠になってしまった場合には、専門家に死後事務委任を相談すると良いでしょう。

死後事務委任は遺言と同様、「もし死んだらどうするか、どうしたいか」という希望を残すための手続きです。人間は必ずいつか亡くなるので、健康な若者でも準備しておくにこしたことはありません。少しでも死後事務委任に関心をお持ちであれば、まずはお気軽にご相談下さい。

 

無料相談ご予約・お問い合わせ

 

ページの上部へ戻る

トップへ戻る

電話番号リンク 問い合わせバナー